社会的に認められるようになった家族葬について

家族葬は新たな葬儀の形態として浸透しつつあります。

昔とは違い、現在では葬儀は簡素で、費用の負担も少ない家族葬儀の形式が好まれています。
この葬儀は厳密には家族だけで行うものですが、ごく近しい人たちだけを集めて行われる葬儀であるとも解釈できるものです。
故人の家族や近い親戚の人たち、特に親しかった友人など限られた人たちが参列することになります。

家族葬儀の参列者は30人以下

従来の葬儀では家族だけでなく、さまざまな方面からの参列者も加わるため、参列者が100人以上になることも珍しくはありませんでしたが、家族葬の場合は多くても30人程度の参列者になります。
参列者が少ない分だけ遺族が行わなければならない負担を軽減できるのが大きな利点です。
大規模な葬儀では、お手伝いの人を頼んだり、近所の人と相談したりと何かと大変です。
参列者が少ないからといっても、寂しいと感じることはありません。
むしろ厳粛で、温かみのある葬儀にすることができます。

少人数の家族葬儀が一般的になります

これからの時代は少子化が進行すると考えられ、実際に現時点でも核家族化が進んでいます。
そのため、必然的に葬儀の参列者は減るもので、少人数でとり行われる葬儀が一般化するのは自然なことです。
故人の意向として、なるべく残された人たちに労苦を与えたくないということがあります。
または、自分の葬儀を大々的にして欲しくないと考える人もいます。
昔は社会的、世間的にどうしてもある程度の規模の葬儀を行わなければならないという慣習がありましたが、現在では家族葬も社会的に認められ、すっかり定着してきています。
かつては葬儀費用だけで数百万円になることも珍しくはなく、老後の大きな不安要素でした。
最近では近親者のみで行う葬儀に対応してくれる葬祭場も増えてきています。